🍀君は光るダイヤモンド

霧矢あおいをよろしくお願いします。

SHINING BLUE*/@piyotori【芸カ19本感想】

f:id:wire_snow478:20190615005634j:image

霧矢あおいに憧れてアイドルを志した少女:和葉が、霧矢あおいとの交流の中でアイドルになることへの不安や葛藤を乗り越えて、アイドル界に踏み出すまでを描いた作品。

 

アイカツ!を象徴する概念である"憧れ"。

本編の軸となる憧れのバトン="SHINING LINE"は、マスカレードから美月に、美月からいちごに、そしていちごからあかりに脈々と受け継がれてきました。このバトンこそアイカツ!という長きに渡る物語を一つの大きな作品としてまとめあげてくれています。

ではこの最大のエモーショナルであるSHINING LINEについて、霧矢あおいが手渡したバトンはあったか?と問われると本編中には描かれていません。描かれていないんですよ。そうなんですよ大変なことじゃないですか大変なんですこれが。

そんな本編中に描かれることの無かった「霧矢あおいのSHINING LINE」。それを当作"SHINING BLUE*"は描いてくれました。

 

 

アイドルとしての在り方に悩む和葉にあおいちゃんがかけた言葉は、「誰と何をしたい?」でした。

なるほど、私の持っていない考え方だなぁと感心しました。流石いちあおLOVEは伊達じゃ無い。

『誰かのために頑張れる』。それが霧矢あおいというアイドルであり、霧矢あおいという女の子です。アイカツ!season1,2ではいちごのため、そして友達のために奮闘するあおいちゃんの姿が幾度となく見られました。彼女にとって 「誰かのために頑張る」というのは、「自分のために頑張る」に等しい価値があるように伺えます。

 

「あおいちゃんに憧れて」

「みんなと輝きたくて」

「ただ、どうしたいのかわからなくなっちゃって」

そんな思いを持つ和葉に対して、あおいちゃんはどこかシンパシーを感じたのでしょうか。まるで、自分はどんな存在なのか、自分はどんなアイドルなのか、と悩んでいた過去の自分を振り返るかのように。

だからこそあおいちゃんは今の自分を作り上げてくれた物を和葉に伝えたのだろうと捉えました。憧れのバトン"SHINING LINE"が紡がれた瞬間です。控えめに申し上げてとても好き。

 

piyotoriさんが持っている霧矢あおい概念を強く感じ取れたな〜と思っています。本作の霧矢あおいの基盤は、いちごやSoleilといった誰かを支え、誰かと共にあること。そうすることで自分も輝けるし、みんなも輝ける。縁の下の力持ちらしい在り方であると納得しました。

 

あおいちゃんに憧れる女の子が「あおいちゃんみたいになるにはどうしたらいいか」と解いた時にあおいちゃんが返す答えは、自身が"アイドル霧矢あおい"として大切にしていることになるでしょう。

霧矢あおいのようになりたいのであれば、霧矢あおいという存在の核を教えるのが一番です。

これこそ霧矢あおいのアイドル像を浮かび上がらせるに相応しいアプローチの一つであり、舌を巻きました。霧矢あおいさんの解像度が上昇したように思います。本当にありがとうございました

 

 

あと文脈外の細かいところ。

・和葉ちゃんのビジュがラブ。青髪ショート良い(青髪DDでゎない)。

・最初のページのお手紙、もしかしなくてもあのファンレターですよね(ここで心臓止まった)。

・アイカツ!第1話オマージュにやにやしました。いちあおとの立場逆転がまた面白いですね。

・一度見たアイドルは忘れないあおいちゃん好き、、、

・大スター宮いちご祭り特典映像見たすぎて暴れ狂いました。

 

 

以上。とっちらかった文章ですみませんでした!ブログはブログでうまいこと文章量決められなくて難しいですね〜。

 

というわけでpiyotoriさん芸カお疲れ様でした!

開場前も御本を購入した時もその後ご挨拶に窺った時も長々とスペース前で話し込んでしまい失礼しました…!霧矢あおいちゃんの可愛さに免じてどうか御容赦を_(:3 」∠)_

宣言通り真っ先に読みましたし、感想も真っ先に認めさせていただきました。

今度はこちらの番ですね…!俺も今あおいちゃんに真剣に向き合っているところなので頑張りますよ〜〜〜(新刊取置き乱入めっちゃ面白かったです)。

 

改めて、素敵な作品をありがとうございました。あおいちゃんへの愛と真摯さが伝わってきました。またの作品も楽しみにしています!

 

鶴🍀

芸カ本の感想を記事にします。

こんにちは、鶴です。芸カ本の感想を記事にします。

 

 

 

………言いたいこと言い終わったけど?

 

 

 

まあそういうわけでございます。

 

Twitterで感想を投げるのは

・文字数の関係でやりにくい

・メモスクショは書きにくいし読みにくい

・感想を後から見返しにくい

等々面倒な点が多かったので色んなやり方を試していたのですが、以前ブログに本の感想をまとめている方がいらっしゃって、上記の課題をクリアしているな〜と感心したので私も芸カ19で真似てみようと思った次第です。

 

何より記事数が増える(小声)。

 

感想記事の最初に長々と前置き書くのもあれかなーと思ったので、それを書く前に説明しておきました。今回こそしっかり感想書いてやるからな……逃げんじゃねぇぞtsuruclover………

 

そういうお話でした。それでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもこんな感じで芸カ本を読んでます(こじつけ)(サムネ用)(あおいちゃんかわいい)
f:id:wire_snow478:20190610220127j:image

水菜月夏希ちゃんの話をする

こんにちは、鶴です。何がどういうわけかはさておき、私が一番好きなVtuber水菜月夏希ちゃんの話をします。

 

《目次》

①夏希ちゃんを好きになった経緯

②夏希ちゃんのことをつらつらと

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

①夏希ちゃんを好きになった経緯

水菜月夏希ちゃん(右)

あおぎり高校ゲーム部所属。金髪ロングにアホ毛がチャームポイントの女の子です。かわいい。

 

最初に知ったきっかけは恐らくYouTubeオススメ欄に『「ゲーム部」という単語を含んでいるけどゲーム部プロジェクト発ではない動画』があったことでした。1本目であるこの動画は夏希ちゃんの相方である音霊魂子さんソロ出演。魂子さんが可愛かったので即チャンネル登録しました。このときからしばらくは魂子さん目的で追ってましたね(もちろん今も魂子さん大好きです)。

 

それから数日して三本目の動画があがりました。

『みんなちゅきちゅきなつきちゅき』

www.youtube.com

「なんか凄く愉快な子が来た……(率直な感想)」

普段は基本的にクール属性を好む傾向にあるため、陽の光に照らされてカラカラになる私。圧倒的ハイテンションの陽キャに話しかけられてキョドる陰キャのごとく怖気ずくtsuruclover。と言いつつも、この後あおぎり高校ゲーム部がどのように展開していくのか胸を踊らせていました

 

そんなある時、何の気もなしにこんなツイートをしたんですよ。

 そしたらこうなったんですよ。

f:id:wire_snow478:20190406164941j:image

(・・・・・)(推せる、、、)(オタクちょろい、、、)

 

気になり始めたのはそこがきっかけだったかもしれません。

 

そして夏希ちゃんのことを大好きになった一番の決め手になったのはこの動画。 

『レタスとキャベツの違いがわからないJKが料理してみた【オーバークック2実況】#1』

www.youtube.com

上の動画が2019年1月8日投稿、下のツイートが2019年1月10日投稿なので多分そうなんだと思います。

 

とにかくわちゃわちゃ楽しそうなたまなつが可愛いんですよね。

5:35付近の「魂子もサラダ作れたね」「まあな」とか7:22付近の「おっ皿、おっ皿。はいよー」「はいよー」とかラフで自然体な二人がほんわかしていて大好き。6:24の笑い方も思わず漏れてしまった感じが凄く好き。

定期的に見返すし作業用BGMにもよく使っているので、オフライン再生込みでトータル150~200再生はしてるんじゃないでしょうか。それ以上かも。今でも一番好きだし、近頃でも一番再生しているのはこの動画です。ちなみに二番目に再生しているのは多分オーバークック実況パート2です。「「火事だ〜!!」」

 

好きな動画を上げ始めたらキリがないのでこの一本をピックしてあげましたが、どの動画の夏希ちゃんも楽しげで可愛い。私は二人がどちらの専門でもないゆるいゲームをしている動画が全般的に好きです。

そんなこんなで今は夏希ちゃんの動画とツイートの投稿を楽しみに毎日を過ごしています。

 

 

 

②夏希ちゃんのことをつらつらと

水菜月夏希ちゃんは一言で表すなら、俺のアイドルです。彼女からどれだけの元気を貰っていることか。

 

彼女の笑顔が好き。快活な笑顔も、イタズラっぽい笑顔も、キメた笑顔も、照れた笑顔も、とってもかわいい。

彼女の声が好き。胸がキュンとするような甘い声にメロメロです。

 

そして何より彼女の人となりが好き。

常に明るい人なんですよね、水菜月夏希ちゃん。

動画ではどんなことも楽しそうに取り組んでるし、どんなときも楽しい気持ちを忘れずにいるように感じます(ホラゲは、頑張ったね……)。

そして夏希ちゃんのTwitterは「すき」「たのしい」「かわいい」といった言葉で溢れています。

以前、trybuzzバンドリ診断で夏希ちゃんは弦巻こころちゃんに近いと診断されていたのですが、本当にその通りなんですよね。人を笑顔にするためにまず自分が笑顔になって、そうして皆に「楽しい」を届けてくれる。そんな弦巻こころそのものなんです。

 

夏希ちゃんが笑顔だから、夏希ちゃんを見ている私も笑顔になれる。

夏希ちゃんが元気だから、夏希ちゃんを見ている私も元気になれる。

 

そして、笑顔や元気をくれる存在が私にとってのアイドル像。だから夏希ちゃんは"俺のアイドル"なんです。

だからこそ、これからも夏希ちゃんには笑顔で、元気でいて欲しい。水菜月夏希ちゃんらしく日々を過ごして欲しい。そう切に願っています。

 

 

さて、文面が堅苦しくなってしまうのはいつものクセなので感情も吐露しておこうかと思います。Twitterでもあんまりワーーーっと言えないタイプなもんで。

 

水菜月夏希ちゃん!!!!!!

大好き!!!!!!!!

好きだと気付いたあの頃からほぼ毎日夏希ちゃんのこと考えてる気がする。初めて動画を見た時はオォウすっごい子が来た、、、と思ってたんだけど今ではその明るさが愛おしくてたまらない。たまなつ二人でオーバークック2やヒューマンフォールフラットなんかをやってるときのドタバタ感と穏やかさも本当に好きで好きで、もうどの動画も何回見たか分かんないや。

声もほんっとうに可愛くて好き。ハキハキした普段寄りの口調も良いし、たまなつデイズみたいなとろんとしたのも口調も好き。いやたまなつデイズほんまヤバかったってあれ。ンフッて声漏れ出たもん。俺も夏希ちゃんに熱計って貰いたい。

ホラゲ実況してたときは怖がりながらも魂子さんと一緒に乗り越えててかっこよかったな!俺もホラゲめちゃくちゃ苦手だから画面前でビクついてたんだけど、夏希ちゃんはそれでも逃げずにきちんとやり遂げたもんね(一本目はやり遂げたか謎…)。おどおどする夏希ちゃんも可愛かった〜。

でも夏希ちゃん絶叫シリーズがあったからこそ「夏希ちゃんが笑顔で楽しそうにしている姿が好き」だって改めて気付けたんだよね。今もオーバークック2を何回も何回も見てるのは、特に夏希ちゃんが楽しそうに聞こえる動画だから。

 

夏希ちゃんも忙しかったり大変だったりするのかな?なんて、ここ数週間感じているんだけど、俺がただ一つ思うことは"""水菜月夏希ちゃん"""が明るく元気であって欲しいということです。

事の結末は現段階では我々視聴者が知る由もないのですが、"夏希ちゃん"にとっての素敵な行く先が示されることを祈っています。

 

まだ何も分かっていない今だからこそ、今言っておきたいことを書き連ねてみました。いや〜〜〜〜まだ色んなことを書ける気がするんだけど収拾が付かなくなりそうだし、それに大事なエッセンスはちゃんと汲み取れているはず。

 

最後にもう一度だけ。

水菜月夏希ちゃん、大好きです。ずっと応援しています。

しばらく何も書かなさそうだなーって話

こんにちは、鶴です。なーんか変に凝った見方に縛られてるようで最近の自分が何も面白くないと感じたので深く勘繰ったりする癖を一度クシャポイしてみたくなった。刺激的なインプットが無かったらアウトプット出来るもんも出来ないからね。ここで言う刺激的なインプットというのは決して外的要因を批判している訳ではなく、自分自身の目というフィルターで見る世界がキラキラしていないということなので誤解しないで欲しい。物事はタイミングだから再開したくなったらてきとーな日に再開するし別に再開する気が起きなければ再開もしない。人ってのは物事に対して付くも離れるも結局気分次第だからわざわざ日記を記すまでも無いような気はするけれど、思考をどこかに置いとくのは一度その思考から離れるための手段でもあるって再三感じているのでそういう意味での雑記でした。それでは。

【感想】米津玄師『2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃』福岡2019/2/10(日)講演

こんにちは、鶴です。

米津玄師『2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃』福岡2019/2/10(日)講演に参加してきました。

前回の米津さんのライブが偶然近所で行われた『2017 TOUR / Fogbound』鹿児島講演の2017年11月26日、そして前回米津さんのライブのために遠征したのが『2017 LIVE / RESCUE』の2017年7月15日ということもあって、どこか新鮮な気持ちでの参加となりました。

 

今回の連番相手は私と同じくハチ名義の頃からの米津さんファンである妹。歌って欲しい曲を言ってみたり今まで参加したライブを振り返ってみたり古参特有の懐古をしてみたりと米津さんの話に花を咲かせながら開演待ちをしました。色んなこと話したんですけど取り敢えず私は

「NighthawksとTEENAGE LIOTは聴きたい。TEENAGE LIOTはA面だから有り得そうだけどNighthawrksはちょっと予想できない……」

「1,2曲でいいからdioramaかYANKEEの収録曲歌って欲しい」

「amenの米津さんのダンス頭おかしいから(見たことの無い妹に)見て欲しい」

「何も準備してない感が溢れるいつものMC楽しみ」

みたいなことを語っていたと思います。

 

長話は置いといて、それではライブの備忘録をば。セトリは本ツアー各公演ほぼ共通なのでこれからツアー公演初参加するって方はセトリバレになります。ご注意を。

f:id:wire_snow478:20190210224434j:image

 

続きを読む

毎度コール云々の話するの飽きたから意見を提示しとくやつ

いつもブログは一人称”私”の敬態だけど今日は完全にTwitterの延長くらいのノリで書くんでそこんとこよろしく。

f:id:wire_snow478:20180910224346j:image

(サムネ用のアイコン)

 

いやぁ今回もわちゃわちゃしてますねライブのコール云々の話。その度に俺もTwitterでお気持ち表明マンになってしまうんだけど「ガヤつく度に何度も何度も同じ話繰り返してんの頭悪くない?」と思ったから俺の考えをざっくり書きに来ました。後で気まぐれに加筆修正するつもりだから取り敢えずバイトの帰り道の30分程度をタイムリミットによーいドン。

 

続きを読む

【アイカツ!】鏡のその先に、【タルト・タタン小論集】

こんにちは、鶴です。
いつも記事を書くときはちゃんと上から書き進めるタイプなんですけど「白百合さくやさんの双子らしき人物の正体が露わになる日が待ち遠しいです」とか書いてたのに思いのほかあっさり白百合かぐやちゃんが登場してしまったので、本論を書き終わった後に改めて冒頭のご挨拶を書いているところです。なんだこれ。

はい、というわけで遂にアイカツフレンズ!にも白百合姉妹というゴシック勢が出揃いましたね。楽曲も『導かれて』に始まり、先日のちゃおフェスでは『絆~シンクロハーモニー~』と『偶然、必然。』も公開されて皆さんも益々「アイカツフレンズ、盛り上がって来たじゃない!」って気分ではないでしょうか。
そんなゴシック勢の参入に合わせてアイカツ!シリーズのゴシック組が歌う楽曲について述べていきたいと思います(後から書いてるのバレてる)。 


アイカツ!シリーズ楽曲の一つ『タルト・タタン』。
恋の行方を占う語り部の健気な様を綴ったこの楽曲は、タロットに関する言葉やフランス語が歌詞に散りばめられており、また語り口も少女のような愛らしさが感じられることから、多々あるアイカツ楽曲の中でも独特の不思議な優美さを放ちます。

そんなタルト・タタンは氷上スミレの持ち歌の一つです。CDも出てますからね。楽曲権利の話はしません。
今回はタルト・タタンはスミレを物語っているという意見をちょっと掘り下げてみたいなーと思ったので色々と考えてたことを文字に起こしに来ました。久しぶりの楽曲考察って感じのやつです。

続きを読む