読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君は光るダイヤモンド

霧矢あおいをよろしくお願いします。

【アイカツ!】紅林珠璃とChica×Chica【SLQC考察】

こんにちは、鶴です。
Twitterに書くには長いからこっちに書くやつ二回目です。


今回の!
f:id:wire_snow478:20160720232504j:plain
主役は!!
f:id:wire_snow478:20160720232521j:plain
紅林珠璃!!!
f:id:wire_snow478:20160720232536j:plain

アイカツ!の誇る熱いアイドル紅林珠璃ちゃん。
歌唱担当はみほさん。推し・・・・



今も記憶に新しいスターライトクイーンカップ(以下SLQC)。アニメ本編のフィナーレを飾る大会であり、シリーズの中でも随一の盛り上がりを見せたパートでした。
そんなSLQCでメインキャラクターのあかりたちがステージで披露した楽曲を振り返ってみましょう。
大空あかり:START DASH SENSATION
氷上スミレ:いばらの女王
新条ひなき:ハローハロー
紅林珠璃:Chica×Chica
黒沢凛:MY SHOW TIME!
天羽まどか:ハローニューワールド
大地のの:lucky train!
白樺リサ:Move on now!

この選曲の傾向について
専用ソロ曲:あかり、スミレ、ひなき、凛
ユニット歌唱経験あり・ソロ歌唱経験あり:まどか
ユニット歌唱経験あり・ソロ曲未所持:のの
初披露・ソロ曲未所持:リサ
ユニット歌唱経験あり・ソロ曲所持(Passion flower):珠璃
といった風に分けられます。
ソロ曲を持ちつつ、それを選ばなかったのは紅林珠璃のみです。


ところで”Chica×Chica”というタイトルの意味についてです。
ご存知の方も多いとは思いますがchicaとはスペイン語で少女を表す単語。つまりChica×Chicaは複数人の少女を示す言葉と考えることができます。
歌詞についてはこちらの記事をご覧ください。物語の舞台の解説から歌詞の解釈までとても分かりやすく書き記しているので是非ご一読していただければと思います。(リンク許可ありがとうございます!)
ameblo.jp

そんなタイトルを冠する曲をソロで歌う珠璃についてふと気になったのが今回の記事の発端です。


さて、SLQC前にChica×Chicaライブステージは2回披露されており、それぞれ情熱ハラペーニョ(以下情ハラ)とバニラチリペッパー(以下BCP)、どちらも珠璃の所属するユニットによるステージでした。
f:id:wire_snow478:20160722012232j:plain
f:id:wire_snow478:20160722013904j:plain
これを踏まえた上でChica×Chicaの歌詞を見ていきたいと思います。


『太陽のリズム Dancing,dancing 歌ってØre!』
太陽は情熱ハラペーニョのトレードマークと言っても過言ではないでしょう。
Øreとは賞賛や激励に用いる掛け声であり、また直前のdancingという単語を二度繰り返していることから、二人での舞踏を印象付けます。
余談ですが情ハラのユニットドレスに描かれている太陽のマークがひなきはキラキラと照り輝く太陽、珠璃はメラメラと燃え上がる太陽をイメージして別デザインになっているところがたまらなく好きです。


『ちがう足音 重なり合ったらシンパシー』
「バニラ」「チリ」「ペッパーで」
「「「刺激しちゃうぞ!!!」」」
異なる個性を持つ三人が一つにまとまっていることを感じさせる一節です。
BCPのChica×Chicaは他のアイカツ楽曲に比べてハモリを強く意識しているようですが、それも”ちがう足音が重なり合った”ことを暗に示しているのかもしれません。


『好きと嫌いは 誰もが持っている感情』
「好き」という言葉は”一番言いたい簡単な二文字”ですね。情ハラが結成した132話 灼熱の情熱ハラペーニョ!で初めて披露したステージがPoppin'bubbles。この歌詞で隠された”二文字”であろう言葉がストレートに示されたように思えました。
また、"憎まれ口"は「嫌い」という感情を連想させます。


『世界はいつだって十人十色 回る万華鏡』
149話 ふぞろいのカラーたち
「ユニットって皆それぞれ自分たちの色がありませんか?」(まどか)
「私たちの色はバラバラ・・・」(凛)
「私たち三人とも個性がバラバラでユニットとしての色が無くて」(珠璃)
タイトルから”色(カラー)”というワードを意識して多用しています。十人十色と例えるにふさわしい色濃い三人だからこそ湧いてくる言葉ですね。
そして不揃いな色の細片が覗き込んだ視界を華やかに彩る万華鏡はまさにBCPの魅せてくれる世界のようです。


これらの部分からChica×Chicaには珠璃のこれまでのユニットでのアイドル活動が隠れたメッセージとして秘められているように思いました。


ここで珠璃初登場回である109話 アイカツのアツい風!を振り返ります。
幼い頃から活発に芸能活動をするもそれは母親であり大女優の紅林可憐の七光りによるものと気付いた珠璃は、母親とは関係ない自分自身の力で芸能界を歩むことを選択します。「私を見て・・・」「私の未来は私の力で切り開く」という発言からもどれだけ一人で頑張ろうとしているかがうかがえます。しかしあかりたちとのオーディションを通して、孤独な道を歩むことだけが”私を見てもらう”術ではないことに気付かされました。

一時は孤独を選んだ珠璃にとって、このことは大きな刺激になったはずであり、それからの珠璃はあかりたちと行動を共にする機会が増えました。128話 夢のショータイムでもあかりスミレひなき珠璃でお互いにアドバイスしあったりと助け合うシーンが見られましたね。

珠璃にとって誰かと共に行うアイカツ、誰かから刺激を受けるアイカツはこのときから欠かせないものになっていたことでしょう。実際に情ハラもBCPも「ユニットを組もう!」と熱くメンバーを探していたのは珠璃でした。


話を戻して珠璃はソロ曲を持ちつつ、それを選ばなかったことについてです。
誰かと一緒にアイカツをすることを大切に思う珠璃にとって、経験した二つのユニット両方で大舞台で披露したChica×Chicaという曲はユニット活動に関わる沢山の思いが詰まったかけがえのないものになっていたはずです。今までのユニット活動を通して成長した”紅林珠璃”を「見て」もらうに相応しいと彼女は判断してこの曲を選んだのでしょう。
ソロで披露した”Chica×Chica”ですが、ステージに立つ彼女は決して孤独ではなく、一緒に切磋琢磨してきた仲間たちとの軌跡と共にありました。そういった意味でこの選曲は実に彼女らしいと思います。


また、珠璃のSLQCの最終順位は三位でした。
「第一位でもなく第二位でもなく第四位でもなく、第三位!なんだか今の私らしい順位だと思う。」
f:id:wire_snow478:20160722032524j:plain
三位の上には二人いることになります。
そして珠璃が今までに経験したユニットも二つ
偶然にも数字が一致しますね。
決してユニット活動が足枷になったなどと言うつもりはありません。しかし一位のあかり、二位のひなきに勝つにはユニットで刺激を受けるだけでなく、その刺激を持って一歩先へと成長することが必要だったのではないかと考えます。それは私が言うまでもなく珠璃自身が気付いているはずです。そういった意味で第三位が私にふさわしいというコメントが生まれたのかなぁと思いました。
「これからも私は私らしく熱いアイカツを続けていきます。みんなすっごくGracias!つまりすっごくありがとう!」
珠璃いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい好きだあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
f:id:wire_snow478:20160722034650j:plain



























ところであおいちゃんセニョリータシェヘラコーデ似合いすぎじゃないですか??????めっちゃ可愛いねんけど??????????(旧DCDのあおいちゃんに会わせてください)
f:id:wire_snow478:20160722035358j:plain

【アイカツ!】作詞者別 楽曲リスト

こんにちは、鶴です。

アイカツ楽曲の詞に込められたメッセージ性に興味が出てきたので、作詞者別の楽曲リストを作ってみました。

リストなので特に文章はありませんが、どうぞごゆっくり。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こだまさおり
SHINING LINE*
Du-Du-Wa DO IT!!
Lovely Party Collection
START DASH SENSATION
カレンダーガール
オリジナルスター☆彡
Good morning my dream
Move on now!
Angel Snow
We wish you a merry Christmas AIKATSU Ver.
硝子ドール
放課後ポニーテール
同じ地球のしあわせに
Wake up my music
Moonlight destiny
マジカルタイム
CHU-CHU♡RAINBOW
Thrilling Dream
右回りwonderland
アラビアンロマンス
Blooming♡Blooming
ハローニューワールド
リルビーリルウィン♪
輝きのエチュード
ドラマチックガール

Summer Tears Diary
So Beautiful Story


畑亜貴
Signalize!
ダイヤモンドハッピー
KIRA☆Power
オーロラプリンセス
新・チョコレート事件


只野菜摘
ヒラリ/ヒトリ/キラリ
チュチュ・バレリーナ
lucky train!
Take Me Higher
Kira・pata・shining
笑顔のSuncatcher
stranger alien
ミトレジャーノ!
タルト・タタン
エメラルドの魔法
ミエルミエール
いばらの女王
約束カラット
お願いビーナス
ゴシック・ロックン・ローズ
夢のレセプション

episode solo
未来トランジット
8月のマリーナ


uRy
アイドル活動!
prism spiral
G線上のShining Sky
fashion check!
アイドル活動!(Ver.Rock)
Dance in the rain
真夜中のスカイハイ


辻純更
Precious
ハッピィクレッシェンド
Sweet Sp!ce
Let's アイカツ!
恋するみたいなキャラメリゼ
シアワセ方程式
ドリームバリーン
GLAMOUROUS BLUE

ハートがスキ♡ップ
みつばちのキス


きむらりゅういち
青い苺


唐沢美帆

スタートライン!
アイカツ☆ステップ!
POPCORN DREAMING♪
スタージェット


tzk
ラブリー☆ボム
サマー☆マジック
センチメンタルベリー


大塚ひとみ
Passion Flower
Sweet Heart Restaurant
夏色バタフライ


tom.m
永遠の灯
ハローハロー


SINBYI
はろー! Winter Love♪
LOVE GAME


渡辺なつみ
ダンシング☆ベイビー
Pretty Pretty


ナカノモリアヤコ・KIKOMARU
Hey! little girl
キラキラ☆デイズ


やまだ麻美
フレンド
カメレオントーク


yumeiroecho
きらめきメッセンジャー

Miracle Force Magic


ヒカリツカサ
クリスマス☆スターライト

Dreaming bird


YADAKO

ドリームステージ☆
TSU-BO-MI~鮮やかな未来へ~


神田怜鴎
ハートのメロディ

Halloween Night Magic


空谷泉身
Chica×Chica

1,2,Sing for You!


秋浦智裕
MY SHOW TIME!

アニマルカーニバル


七菜
Trap of Love


小内喜文
Growing for a dream


林奈津美
オトナモード


オノダヒロユキ
薄紅デイトリッパー


AM42
Poppin´ Bubbles


たむらぱん(田村歩美)
魅惑のパーティー


GENMAI
ロンリー・グラヴィティ


morimisa
♡Powa×PuRi×Power♡



井筒日美
ときめきマタドール∞


Kimotto
Star Heart


美音子

Dancing Days


yura

トキメキララン☆


Amon Hayashi

One Step


林美歩

キミをロックオン


原田謙太
アリスブルーのキス


ミズシマ教授
さまさまばけーしょん!


飯田清澄
恋色パッション
愛がーる

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2016-5-26 記事掲載

2016-7-13 リストに追加…スタートライン!、episode solo、アイカツステップ!、青い苺、Miracle Force Magic、未来トランジット、みつばちのキス、トキメキララン☆、Dancing Days、Summer Tears Diary、8月のマリーナ

2016-8-17 リストに追加…POPCORN DREAMING♪

2016-8-20 リストに追加…Dreaming bird

2016-8-23 リストに追加…GLAMOUROUS BLUE、きらめきメッセンジャー

2016-12-13 リストに追加…ゴシック・ロックン・ローズ、♡Powa×PuRi×Power♡、クリスマス☆スターライト、One Step、ドリームステージ☆、Halloween Night Magic、TSU-BO-MI~鮮やかな未来へ~

2017-1-15 リストに追加…1,2,Sing for You!、So Beautiful Story、スタージェット

2017-2-21 リストに追加…キミをロックオン、Dancing Days、アニマルカーニバル


2017-2-28 リストに追加…夢のレセプション、ときめきマタドール∞、Star Heart

































f:id:wire_snow478:20160524225730j:plain

"恋はShoot,shoot
たまにCute,cute
いつもLove you"
~ prism spiral ~

【アイカツスターズ!】筐体カードのスリーブについて

こんにちは、鶴です。

ついにアイカツスターズ!の先行稼働が始まりましたね。

アイカツスターズ!のカードの従来との大きな違いは
・排出がカードから印刷式ロール紙になった
→ ”折れ曲がる危険性” ”初期からの反り
・データ読み取りがバーコードからQRコードになった
→ ”キズへの耐性が落ちた
この二点かと思われます。なので今までよりデリケートに扱う必要があり、是非ともスリーブの着用をオススメしたいです。

まあ言ってしまえば私自身どのスリーブが良いか気になっていたので、数種類のスリーブを購入して実際に試してみました。そのなかでオススメできるものを紹介します。
アイカツ!時代からのユーザーさんもこれからアイカツスターズ!を始めてみようという新規の方も参考にしていただけると幸いです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前提としてアイカツスターズ!カードのサイズは横60mm×縦86mmです。
使いやすいと思ったのは下の写真の四種類。
上段二つと下段左は近所のビックカメラで購入したものなので、お近くの家電量販店やおもちゃ屋さんにも在庫があると思います。(残り1つは近所のトレーディングカードゲーム(以下TCG)専門店で購入しました)
f:id:wire_snow478:20160429223740j:plain

1つずつ紹介していきます。


デュエリストミニ ジャストサイズクリア
60mm×87mm(アクラス)
f:id:wire_snow478:20160429232915j:plain
ぴったりサイズでフィット感は抜群。カードをファイルで管理するなら一番良いスリーブだと思います。ただし焦ってスリーブに入れるとカードが折れそうになるので落ち着いてゆっくり入れましょう。
Amazon CAPTCHA


カードプロテクタージュニア
62mm×88mm(やのまん
f:id:wire_snow478:20160429223513j:plain
横幅に余裕があるのでカードをスッとスリーブに入れることができます。スリーブの質が柔らかくカードの反りに合わせて曲がってくれるのでソフトタイプが好きならオススメです。ファイル管理でもストレージ(カードボックス)管理でも使いやすいと思います。迷うならこれがいいかも。
Amazon CAPTCHA


カードバリアーミニ ハードクリアー
62mm×89mm(KMC)
f:id:wire_snow478:20160429223527j:plain
こちらも横幅に余裕のあるデザイン。硬めのスリーブなのでストレージ管理ならこれがいいでしょう。余談ですが私は旧アイカツカード用スリーブにこれを愛用しています。
Amazon CAPTCHA


スモールサイズ用トレカプロテクトHG
62mm×89mm(アンサー)
f:id:wire_snow478:20160429223537j:plain
アイカツスターズ!からコードが表面記載になったので裏面がクリアである必要がなくなりました。やったぜ。
単色スリーブの中ではこのシリーズが一番使用感が良好。カラーバリエーションも豊富なので見栄えが良いです(URL先参照)。TCGをかじっているせいか以前から透明なスリーブには抵抗があったので、私は今後このブルーを使っていく予定です。
Amazon CAPTCHA


※逆にオススメできないもの
カードバリアーミニシリーズ(KMC)
f:id:wire_snow478:20160429233339j:plain
f:id:wire_snow478:20160429233451j:plain
カードの反りのせいで上記写真二枚目のようにたゆみができてしまうので、持ったときあまり心地よくありません。KMCというメーカーのスリーブの縁の加工とカードの相性が悪いようです。
同じメーカーですが先ほど紹介した”カードバリアーミニ ハードクリアー”はあまり気になりませんでした。


おまけ
UrtraPRO
f:id:wire_snow478:20160429223547j:plain
TCGプレイヤー御用達のスリーブ。通称ウルプロ。
デッキのスリーブにウルプロを使ったことが無かったので「せっかくだし使ってみるか~!」と思い意気揚々と購入するも、ウルプロのトレードマークとも言える銀のシールがあることを忘れてました。キャラの顔に重なるのがあまりに邪魔なので使用を断念。悲しい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スリーブに入れればカードに直接キズが付くこともないので安心してカードを管理することができます。そんなに高いものでもないので、今までスリーブなんて考えたこと無かった~なんて方は一度購入されてみてはいかがでしょうか。

以上です。ご意見ご質問等あればコメントやtwitter(@tsuruclover)まで気軽にお尋ねください。
アイカツスターズ!、これから盛り上がっていって欲しいですね。それでは。













f:id:wire_snow478:20160429223643j:plain
f:id:wire_snow478:20160429223848j:plain

やっぱり霧矢あおいなんだよなぁ・・・・・・。

アイカツ!176話『いばらの女王』スミレのSAアピール失敗についての雑感

こんにちは、鶴です。最近エンカしたオタクにフルネーム晒しまくってるんでもう下の名前すら隠さなくていいんじゃねとか思い始めました。やりませんけどね。



アイカツ!176話『いばらの女王』
f:id:wire_snow478:20160328233218j:plain
まさに衝撃の展開。TLで多くの物議が交わされていたのが印象に残っています。
色々思うところはあるのですが、Twitterの140字だと長々となっちゃうからこっち使ってるだけなんで書きたいことをザザっと。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回のSAアピール失敗について脚本的な意味で二つの「なぜ?」があると思います。
1.「なぜスターライトクイーンカップという大舞台で失敗させたのか」
2.「なぜアニメアイカツ!終了間際のここで失敗させたのか」

私は2.「なぜアニメアイカツ!終了間際のここで失敗させたのか」
こちらを重く見ています。というかぶっちゃけ1については時期が被っただけで大きな意図は無いんじゃないかと踏んでます。

スターライトクイーンカップ(以下SLQC)前のスミレの評価はどうだったでしょうか。
「歌もダンスも完璧」「クイーンに一番近い存在」
そういった高い評価が多く見受けられました。実際のところスミレはアニメで描かれている場面に限れば"挫折"を味わったことが無いように見えるので、期待されるのも必然ですね。

ここでライバルであるルミナスメンバーの話を少々。
あかりは何度も何度もつまずいてようやく成功を収めたアイドルですから、勝利の王冠を掴んでもひたむきに頑張り続ける未来が見えます。
ひなきもアイカツ8での落ち込みをバネにして急激にジャンプアップしましたし、これからもVKのミューズとして一直線に暴れてくれるはずです。
この二人は"未来向きの今"を走り続けてくれることが容易に想像できます。(もちろんスミレが頑張ってないとか言うつもりないです。というかむしろ「スミレちゃんは天才タイプだから」って言ってる人、数時間ほど談義しましょう。彼女の努力は誰にも負けていません)

仮にスミレがSLQCでSAアピールを成功させたとしたらおそらくアイカツ!が終わってスミレのことを思い出すとき「今も順風満帆なアイドル活動を送っているんだろうなぁ」というイメージが先行することになりそうだと少なくとも私は思います。
制作陣はあえてスミレに"挫折"を学ばせることで今後の伸びしろを予感させ、「アニメアイカツ!が終わっても彼女たちのアイドル活動は終わらない」というメッセージを込めたのではないでしょうか。

"なくしてくことの怖さを知ったけれどこの胸の奥にまだある恐れの棘と戦う"~いばらの女王~
"あの日があって今が最高になる"~START DASH SENSATION~
この失敗が彼女の心の糧となり、より一層人々を魅了する歌姫として高みへ羽ばたいていくことに期待しています。


































アイカツ!終わるのかぁ・・・・・そうかぁ・・・・・・・霧矢あおいさんともお別れなのか死にてぇ・・・・・・・・・・・・・・・・f:id:wire_snow478:20160329003037j:plain

【きゅーぽけオフ使用構築】††フワゴーリ††【準優勝】

f:id:wire_snow478:20150825224344p:plain
こんにちは、鶴です。HNじゃないよ。名字だよ。


きゅーぽけオフに参加してきました。
この日8月22日は"アイカツ!ミュージックアワード みんなで賞をもらっちゃいまSHOW!"の公開日だったんですよね。
f:id:wire_snow478:20150825223612j:plain

夜講演があったので血が滲むほどに唇を噛み締めながらもきゅーぽけオフに向かいました(朝Tジョイ博多に寄ってパンフレットとクリアファイルは確保しました)




構築の発端
オニゴーリって回避を上げられたら一番嫌がられるんだし、最初から回避を上げとけば最強なんじゃね??????」
以上です。


個別紹介
f:id:wire_snow478:20150825225911g:plain
オニゴーリ@食べ残し(NN:デデゴーリ)
臆病HSベース
絶対零度/氷の息吹/身代わり/まもる

かのんねさんからかれこれ数カ月お借りしている子その1。
詳細はこちらから。この大会こそ私がオニゴーリを使い始めたきっかけですね。
d.hatena.ne.jp
守る一回で勝ち筋を作る神ポケ。
というのは建前で、ポケモンの中でも随一の選出誘導力を秘めるポケモン。いわゆる見せポケとしての役割が大きく、私がオニゴーリを愛用する一番の理由でもあります。
また、対策されてるといえど選出すれば構築の軸としての威厳を見せつけてくれます。楽しい。
(選出2/11)



ジャローダ@気合のタスキ(NN:しぶりん)
f:id:wire_snow478:20150825231525g:plain
臆病CSぶっぱ D4
リーフストーム/リフレクター/光の壁/蛇にらみ

かのんねさんからかれこれ数カ月お借りしている子その2。
最もメジャーなオニゴーリのお供。
麻痺を撒いたら退場してもらって後続で起点にしていくので、無駄に耐久する必要もなく、CSぶっぱ安定。放置しているとリーフストームの起点になってしまうため相手が処理を急いでくれるのも噛みあってます。先発からリーフストームを5回打って終わった試合もあったので極めてスペックの高いポケモンであると再確認しました。
フワライドでバトンする構築なので、いわゆる自由2枠に両壁を採用しています。
(選出10/11)



ボルトロス@命の珠(NN:Tempesta)
f:id:wire_snow478:20150825234722g:plain
臆病CSベース
10万ボルト/めざめるパワー氷/悪だくみ/電磁波

ミタリからお借りした子。ちなみに私は控えめボルトロスを彼に貸しました。
オニゴーリの起点作りとライドバトン先の積みエースの両方を担う駒として採用。
(選出1/11)



フワライド@オボン(NN:けさそだてた)
f:id:wire_snow478:20150825232846g:plain
図太い H実数248(4n=身代わり2回でオボン発動してかるわざ起動)、S4(S実数101=かるわざで最速S130族抜き)、Bぶっぱ、残りD
ちいさくなる、身代わり、バトンタッチ、電磁波

一言だけ謝らせてください。
この子、H個体値Vじゃないです。
きゅーぽけオフ当日の朝から孵化を始め、間に合いそうになかったのでBDSvの個体のうちH個体値が一番高そうな子を選びました。NNも”今朝育てた”です。いまだにH個体値知りません。

構築の軸。ちいさくなるバトン、いわゆるライドバトンで後続エースを降臨させる駒。基本的にジャローダの蛇にらみ+壁から強引にちいさくなるを積んでいきます。
4枠目は電磁波を採用。自身で起点を作りに行けるほか、最低限麻痺を撒くことができればオニゴーリによる抜きを狙いに行けることからこの技を選びました。マジックコートと悩みましたが、1試合の比重がレートト比べて重たいオフにおいて、読み間違えて1ターンをロスすることは致命的だと判断し、安定した仕事のできる電磁波にしたところもあります。
(選出10/11)



ファイアロー@ラム(NN:テスタロッサ)
f:id:wire_snow478:20150707035051g:plain
陽気HSベース
ブレイブバード/挑発/剣の舞/羽休め

オニゴーリの苦手なバシャーモヘラクロス等に有利なポケモン。選出段階でプレッシャーを与えるのが主な役割。
バトン先のエースになるような技構成にしています。
Sに振ったのは、相手の先発ジャローダとの対峙が予想されるときに泥沼にならないようにこのポケモンを出し、上から挑発を打つことを想定しています。
実際のところ、ジャロゴーリアローという選出が前回の熊3本シングルオフで使いやすく、信頼できるポケモンであったことが採用理由の多くを占めています。
(選出0/11)



バンギラス@メガストーン(NN:くさ)
f:id:wire_snow478:20150826000913g:plain
陽気AS
岩雪崩/地震/身代わり/竜の舞

ゆっきーよりお借りした子。
安定した耐久値とS上昇技を持つ積みエースとしての役割。
ストーンエッジではなく岩雪崩を採用したのは、火力の押しつけよりも麻痺やライドバトンからさらに怯みによるターンアドバンテージを狙いに行く方がこのパーティーに適していると思ったからです。サブウェポンは範囲とギルガルドを見て地震。聖なる剣を持っているギルガルドは構築の狙いに反するため重く見ています。
(選出9/11)



選出数から分かるとおりジャローダ/フワライド/バンギラスの選出が8回/11試合を占めています。
相手のオニゴーリ対策が見えていること、バンギラスの技の通りが良さそうなパーティーが多かったこと、確定でASを上昇させる安心感があることなどが理由ですね。
フワライド+エースの構築のポテンシャルがよく分かったのでもう少し練ることができそうです。

以上、ガバガバな構築でしたがここまで読んでくださってありがとうございました。
参加したオフで現在3連続予選抜けしちゃっているのでこれからもポケモン頑張ります。



追伸
終わってからアイカツ!ミュージックアワードを見に行きました。あおい姐さんが最高にかわいかったです。
これ書いてる時点で5回見てるし明日は3回ほど見ようかと思っています。それではノシ
f:id:wire_snow478:20150826002938j:plain

【第七回神速オフ使用構築】エムリットガルバシャ軸スタン【ベスト16】

こんにちは、鶴です。HNっぽいけど名字です。

 

第七回神速オフに参加してきました。

デュエルマスターズポケモンカードと女児トークを嗜みに参加したのですがぼちぼちな結果をことができて嬉しかったです(小並感)

 

なにはともあれ今後のぽこもんモチベのキープのためにも記事にまとめようと思い(どっかに放置してあるであろうブログは捨てて)ブログ書き始めようと立ち上げました。

ぶっちゃけこれ読むくらいならアイカツ!プリティーリズムを見る時間に当てて欲しいです。よろしくお願いします。

 

使用した構築はこちら。

f:id:wire_snow478:20150707000954p:plain

NISHINKOが家に遊びに来た時にレートで彼の愛用するエムガルバシャ構築を使わせていただいたところスタンばかり組む自分にとって起点構築はかなり新鮮なパーティーだったので興味を持ち、個人的に考えてみたいと個体を拝借して自分なりにいじりました。

 

以下、個別解説。めんどくさいんで箇条書きです。

 

 

f:id:wire_snow478:20150707005958g:plain

エムリット(NN:ユイット)@レッドカード

ふゆう

187-109↓-157↑-125-140-100

サイコキネシス/電磁波/ステルスロック/叩き落とす

 

NISHINKO拝借個体その1。HBベース。(細かい調整は今度聞いておきます)

後続のエースに暴れさせる場を整えるサポート要員。ユクシーに無い打点とアグノムに無い耐久のバランスが絶妙でとても使い勝手がいい。

主な仕事は電磁波とステルスロックガルーラバシャーモの不安な初速と確定数をカバーすること。

叩き落とすは挑発をされても動けるのが強みで、ゴツメスカーフオボンなどガルバシャで対峙するのに面倒な持ち物を落とすことができればベスト。

残り一枠は最低限の火力を持たせるためにサイコキネシス

借りた段階ではオボンのみだったが、パーティーの軸において薄い相手のバシャーモに有利をとれるマリルリを採用してオボンを持たせたかったことからオボン以外で考えた結果、ラムカイリュージャローダの起点にされるのを防ぐレッドカードを採用(候補にジャポのみ、ゴツゴツメットなど)。

構築からして明らかに起点を作る構築なので”何するか分からないからとりあえず挑発を打とうマン”が先発に飛んできやすく、選出回数こそ少ないものの見せポケとしての役割は極めて強かった。

(選出1/7)

 

f:id:wire_snow478:20150707034854g:plain

ガルーラ(NN:どかーん×2)@ガルーラナイト

きもったま→おやこあい

181-161↑-100-*↓-100-142

捨身タックル/猫だまし/地震/不意打ち

 

NISHINKO拝借個体その2。実は僕、陽気ガルーラしか持ってないんすよね。

パーティーのエースで唯一のメガ。性格は前述したエムリットの電磁波で上を取っている前提で火力を求めた意地っ張り。

技については冷Pやグロパン、岩雪崩などサブウェポンが欲しくなる場面ももちろんあったが、自身のスペックを最大限に活かせる猫不意の両立で勝てた試合の方が多かった。

ガルーラらしいガルーラだからそんな言うこと無い。ガルモン is ✝正義✝ 。

(選出4/7)

 

f:id:wire_snow478:20150707034923g:plain

バシャーモ(NN:じめんドーン)@いのちのたま

かそく

155-141-90-178↑-81↓-132

とびひざげり/だいもんじ/めざめるパワー氷/守る

 

NISHINKO拝借個体その3。

二人目のパーティーのエース。選出画面でメガやバトンにも見えるため相手の立ち回りのミスを誘いやすい両刀バシャ。後出ししてくる霊獣ランドロスクレセリアをそのまま処理できるので自身の一貫性、及びエムバシャガル選出をした場合の裏のガルーラの一貫性を作ることができる。

電磁波を入れてもらうことで上を取れるので守る必要がなくなったり、叩き落とすでスカーフやタスキ、半減きのみをケアできるなどエムリットとの兼ね合いが良い。

ステロ込みH252クレセリアに対しての大文字の確定数がC補正の有無で変動するため性格はうっかりやだがクレセリアの個体数の減少が見られるため今はS補正にするべきだと感じる。S補正をかけることでメガゲンガーを抜けたり、S補正をかけていないよしひろ~ランドロスの上を取ることができる。

あとシングルの守るはじゃんけん発生するからクソクソ&クソ。二度とバシャーモとかいうポケモン使いません!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(決勝トナメ敗因)

(選出6/7)

 

f:id:wire_snow478:20150707034952g:plain

 ボルトロス霊獣(NN:わかるマン)@とつげきチョッキ

ちくでん

169-*↓-90-195↑-102-153

10まんボルト/ボルトチェンジ/草結び/めざめるパワー氷

 

ガルーラバシャーモに対して出てくるスイクンギャラドスファイアローあたりに対して強く出られる駒として採用。特にスイクンギャラドスが見せ合いで確認できたら積極的に選出した。

チョッキを持たせることで低火力特殊の受けポケに対して強気に後出ししていけるため、そこからのボルトチェンジで有利対面を作っていくのが主な役割。また相手のジャローダボルトロスの麻痺を無効で受け、タイマン強引につぶしにかかれる。

技は10万とVCまで確定。次にジャローダにタイマンで打ち勝ったりVC切りで出てきたガブリアスに差すめざ氷。残り1枠はVC切りをしてくるマンムーと準速ガルーラに負担をかけられる気合玉にしていたが、ガルーラバシャーモで牽制をかけられるため、ほぼマンムーピンポイントになるが命中安定の草結びを採用した。

 神速オフの試合後の感想戦であずささんとこのポケモンについての話をして、低火力特殊への繰り出しをメインに据えるならHCベースの方が使いやすいのではないかという結論に至ったため是非試してみたいと思う。

ちなみに僕は レ ボ ル ト 派 です。

(選出5/7)

 

f:id:wire_snow478:20150707035025g:plain

マリルリ(NN:ぶっ○○す)@オボン

ちからもち

206-112↑-102-*↓-100-70

たきのぼり/アクアジェット/じゃれつく/はらだいこ

 

バシャーモランドロスドリュウズあたりに強い駒としての採用。最悪ファイアローに突っ張ることも視野に入れている。

ポンポコじゃれつくで強引にスイクンを処理するルートやエース運用することも考えて腹太鼓を搭載し、持ち物は腹太鼓と相性のいいオボン。

バシャーモを処理されるとナットレイの処理手段がなくなるのでじゃれつくを切って馬鹿力にしたり、スイクンのワンチャン熱湯\ボッ/を許さないS振りにしたりと改善が見られるところだが、マリルリ自身のスペックを尊重するために立ち回りでカバーしたい。

(選出5/7)

f:id:wire_snow478:20150707035051g:plain

ファイアロー(5000GT)@こだわりハチマキ

はやてのつばさ

185-146↑-92-*↓-89-146

ブレイブバード/フレアドライブ/とんぼがえり/ちょうはつ

 

予選一回戦の選出画面でHP実数値を見てASじゃなくてHA個体を持ってきたことに気が付きました。

黙ってたけど顔面真っ青でしたね。

相手のバシャーモジャローダゲッコウガなど高速低耐久ポケモンの選出牽制及びお掃除裏エースとしての採用。

相手しにくいライコウボルトロスを強引に持っていく使い方も考えていた(過去形)

HBアローかHDアローの採用も考えていたがエムリットから入った時のエースとして使うことも見て火力重視の鉢巻を持たせた。

・・・正直テンパってこの子選出する気が起きなかったんでもういいですかね?

(選出0/7)

 

~基本選出~

エムリット+バシャーモ+ガルーラ

最初の軸。エムリットで場を整えてバシャーモガルーラで突っ張る脳筋チカラアバレ。

場合によってはエース枠にマリルリorファイアローも視野。

②(バシャーモorガルーラ)+(マリルリ,ボルトロス,ファイアローから2)

スタン選出。先発も相手のパーティーの先発を読んで何かしらを繰り出す形。

主にボルトロスのVCで有利対面を作りながらサイクル戦に持ち込んで最終的にバシャーモガルーラ、もしくはぽんぽこマリルリで殲滅を狙う。

 

~苦手な相手~

リザードン

双方とも安定した受けが成り立たないため上から火力を押し付ける形となり、また不利対面から詰まれると厳しい試合になる。

・トリル軸

主なエースはクチートなので猫だましや守るでターンを稼ぎながらクチートの上から文字を当てていく。バシャーモに対してクレセリアが出てきやすいこと、ポリゴン2が出て来にくいことから、立ち回り次第で十分に戦える。

挑発持ちHDファイアローを採用することで安定性は変わってくると思うので考えておきたい。

ドリュウズ

持ち物が分からないままだとバシャーモ対面で守るを打っても上を取られている可能性が捨てきれず、地震を見てボルトロスファイアローに変えたら実はチョッキでしたみたいなことが多々ある。またバンギラス+ドリュウズの砂かきドリュウズに至ってはバシャーモ2加速でも上を取られるためマリルリガルーラでダメージを負って強引に落とすことしかできなくなる。

一応マリルリであればアクアジェット2回あれば落とせるため上手く対面させて処理をする。

ライコウライボルト

速いから困る(単純)

裏にギャラドスが控えてることが多くバシャーモで対処しようとすると択ゲーを迫られることが多い。またボルトロスも有効だがなくめざ氷で打ち負けるためガルーラでダメージを負いつつ倒しにかかるか、もしくはライコウに対してはちゃんとSに振ったアローで負担をかけていきたい。

ナットレイ

バシャーモのカモだがバシャーモを処理されるとどうしようもなくなるため温存する立ち回りを強要される。

 

 

 

 今回は予選6-0(予選一位)、決勝トーナメント1没で結果ベスト16となりましたが実は予選抜けが初めてなものでそこそこ喜んでます。決勝トナメもバシャの守るじゃんけんで負けたのが敗因なのでまだ勝てる構築だったかなーとは思っていますね。

 

 長々と失礼いたしました。

改めて神速オフお疲れ様でした。毎度ながらとても密度の高い時間を過ごさせていただきました。神速オフ主催のツインさん含む運営の方々、そして神速オフ参加者の皆様、ありがとうございました!パーティーの軸を貸してくれたにちんこNISHINKOにも感謝!

次回の神速オフも楽しみにしています!

 

そして最後に、ここまで引っ張ってくれた

あおい姐さんありがとう愛してる♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

f:id:wire_snow478:20150707043509j:plain

 

f:id:wire_snow478:20150707045551j:plain