君は光るダイヤモンド

霧矢あおいをよろしくお願いします。

【アイカツMF2017】きらめきメッセンジャー、凄い。【歌詞考察】

こんにちは、鶴です。

アイカツ!ミュージックフェスタ2017お疲れ様でした。劇的な進化を見せつけてくれた初日アイカツスターズ!も、相変わらずその愛を奮い起こさせてくれる二日目アイカツ!も、端的に申し上げて最高の一言でした。

 

そんな熱い二日間の中で生まれた数え切れないほどの事案(良い意味)でも特に大大大事件の一つ、きらめきメッセンジャー案件。
嵐の中をも笑顔で駆け抜けられるような気持ち良い疾走感を覚えるこの楽曲が元々大好きだったのですが、まさかあれほどのメッセージが込められた曲だとは思いもしませんでした。むしろそれだけの意志が込められていることに気付けなかった自分の不甲斐なさを悔いるほどです(ライブのあの瞬間までは知る由もないのですが)。
f:id:wire_snow478:20170328204929j:image

正直なところ歌詞に違和感を覚えていたのは本当です。
歌詞というのは一つの物語、すなわちその中でストーリーが完結するような構成になっていることが多いと考えています。しかしこのきらめきメッセンジャー、明らかにぼやけた内容と妙に具体的な内容が混在していてどこか掴みきれない感触がありました。主題が何なのか分からないんですね。例えるならばコース料理のうちメインだけが来ない状況、全体としては上出来で満足なんだけど何か物足りないと思ってしまう感じです。

しかしこのMF2017でその「ぼやけた内容」のぼやけていた部分の霧が晴れました。霧?!あおいちゃん?!?!この曲の主題は「もなさんからの歌唱担当のバトンタッチ」。皆様もお気付きかとは思いますが、今回のライブの舞台モニターで全ての歌詞が映し出された曲はこの"きらめきメッセンジャー"のみであり、それだけこの曲の歌詞を受け止めて欲しいという演出だったと考えます。(ちなみに"きらめきメッセンジャー"がMF2017のこの日のために作られた曲という意見については完全否定派です。この日のためではなく「アイカツの今後に向けてのメッセージ」として作られたと思っています。)

 

『"きらめきメッセンジャー"はそういう歌だ』というのは誰もが疑う余地もなく確信しているかとは思いますが、私自身色々考えている中で情報量の洪水に見事に飲み込まれそうなので、特に議論の余地があると思った箇所についてざっくばらんに書き殴りました。ただし解釈は人それぞれあるもの。この曲の理解を深めたいので「自分はこう思ってる」という意見が御座いましたら遠慮という思考をぐちゃぐちゃにポイ捨てしてFF外から失礼するゾ~してください(→@tsuruclover)。もちろんFF内でも。あとコメントでも大丈夫です。

 

「伝わるよ FROM YOU」
「伝えたい FROM ME」
前サビと一番サビで対になる表現です。
「伝わるよ」は第三者視点「伝えたい」は主観視点で、私はこの箇所の「YOU」と「ME」は同一人物であると捉えました。また、第三者視点の「伝わるよ」はAIKATSU☆STARS!を引退してアイカツの世界から離れたもなさん、「伝えたい」はその反対で現役のAIKATSU☆STARS!のメンバー、絞るならダンシングディーヴァ(以下DD)を共に演じたななせだと考えました。つまり「伝わるよ」と発したのがもなさん、「伝えたい」と発した人物はななせ。いつか来るであろうスミレの継承者にスミレの歌唱担当としての意思を伝えたいという思いが込められているかのようです。また、最初に提示したそれぞれの歌詞の前に来る「きらめくステップで」からダンスの得意な黒沢凛を連想できることからも「YOU」及び「ME」がななせであると強く感じ取れました。

 

「ハロー・グッバイ 毎日がスペシャル」
ハローは出会ったときの挨拶でグッバイは別れるときの挨拶なので、DD担当の二人が出会ってから別れるまでの日々が特別なものであったことを表していると考えます。またこの歌詞の前に来る言葉が前サビは「いつだって」一番が「今日だって」となるのですが、前者は回想と当てはめることが可能で後者は今現在の出来事であることから、前述した「伝わるよ」「伝えたい」のくだりと内容が合致します。
この「ハロー・グッバイ」について友達が言ってた「ハローとグッバイは挨拶…挨拶……アイサツ………アイカツ…?!」説、嫌いじゃないです。


「期待通り じゃなくても オーライ!
 力の限り 精一杯 駆け抜けてく 世界」
氷上スミレの二代目歌唱担当に着任したりえに対するもなさんからのメッセージですね。エモい。もなさんといえばAIKATSU☆STARSの中でも抜群の歌唱力を誇るメンバーで、またスミレもアニメではまさに歌の女王のようなキャラクターでした。それだけの存在を引き継ぐとなると期待の重圧は計り知れません。しかしそれに対してもなさんが曲を通して「力の限り 精一杯」やればいいんだと語りかけてくれているようです。
いやでもステージに立つりえ、完全にスミレでしたよね。期待通りどころか期待を悠々超えちゃってませんでしたかね。これからのスミレとしてのりえに期待せざるを得ません。楽しみ。


「同じゴールを目指して GO! GO! READY GO!!」
もなさんがいつか「それぞれ"AIKATSU☆STARS"と"巴山萌菜"として同じステージに立てたらいいね」のようなことをおっしゃっていました。「同じゴール」とはこの発言の通り、一緒にステージに立つという目標のことであると考えています。後に来る「きっと夢見た桃源郷へと」の桃源郷もまた同じ意味ではないでしょうか。

 
「伸ばす手に ギュッと握るメッセージ」
「私を走らす原動力は あの日の"元気出していこう!"」
「口角上げて 笑顔で」
初っ端で妙に具体的だと言っていた部分の一つです。「ギュッと握る」からは手放したくないという意思が感じ取れるため、それだけ思い出深いことなのだと考えられます。そして最初の一節に続く二つが「メッセージ」ですね。

これ、もなさんとななせに関するエピソードじゃないかなーと思ってます。確証は無いんですけども。「口角上げて」に関しては何かのDVDでもなさんが「口角口角!」と発言しているとの情報を得たので調べてみたいと思います。となるとその直前の"元気出していこう!"も同様に具体的な話があるのではないかと勘ぐっています。MF2016の円盤買わなきゃ……… 


「憧れのレジェンド 君がくれた いつかの思いを
 今度は 私が手渡そう」
この「レジェンド」については"きらめきメッセンジャー"の中でも一番解釈の難しい部分かと思います。
まず「君がくれた」という箇所からこの一節の語り部は何かを受け取った人物、つまり歌唱担当を引き継いだりえであることはほぼほぼ間違いないでしょう。そうしたときに「レジェンド」の候補はいくつか挙がると思うのですが、私はこの「レジェンド」がアイカツ!という作品を指していると結論付けました。
一年前にせなりえがAIKATSU☆STARS!に加入した当初彼女たちはMF2016を客席で見ていました。そのときにステージに立っていたのはアイカツ!時代のSTAR☆ANISとAIKATSU☆STARS!です。そしてアイカツスターズ!から参入したせなりえにとってアイカツ!という作品は踏み入れられない領域でした。
つまり彼女たちにとってアイカツ!という作品は輝かしい憧れであり、手の届かない伝説にあたるのではないでしょうか。そんな伝説の域へ触れるための切符を"スミレの歌唱担当"という形で手にしたりえ視点のパートだと思っています。 

(追記)この箇所のバトンの受け取り手としてななせも十二分に候補に挙げられるかなと思っての追記です。ななせは、るかもなみきみほ時代のAIKATSU☆STARS!にかなと共に参入した新規メンバーです。そのときに先輩からアイカツ!を担当するにあたっての様々なバトンを受け取ったことでしょう。そうして得た沢山の思いを、今度はまた新しくやってくるメンバーに「私が手渡そう」となっているのではないかと考えました。「憧れのレジェンド」がステージに立つアイドルであるとすれば、アイドルが大好きで昔は会場から応援する立場だったななせとしっかり噛み合います。前の解釈でももなさんとななせの掛け合いが多かったことからも文脈的にはこちらの方が自然に受け入れやすいのではないかと個人的には思います。

 

 

 


「追い風に ちょっとあがるよ ペース
 ミラクルみたいな 想像超えること
 待ってるの きっと」
もなさんから歌唱担当を引き継いだのはりえだけではありません。ふうりさんがみくるの歌唱担当を引き継ぎました。みくるの決めゼリフ「みくるのミラクル、見せちゃおっかーな!」を連想させる「ミラクル」というワードからこのパートがそれに関する内容であると示唆されます。
「追い風に ちょっとあがるよ ペース」はふうりさんが現在担当している♡霧矢あおいちゃん♡と音城セイラに追加する形で歌唱担当が増えること、それによって仕事量が増えることの例えでしょう。続く歌詞も同じく歌唱担当が増えるふうりさんへの応援メッセージであるかのように感じます。また、さらに続く歌詞にある「強く願う未来」は今後もアイカツ!というコンテンツが賑わいを見せて欲しいというアイカツ全体に対する願いでしょうか。もなさんとふうりさん、アイカツを支えたベテラン同士の熱いやりとりが目に浮かぶようです。

(追記)「ミラクルみたいな 想像超えること 待ってるの きっと」という箇所、一番の「期待通り じゃなくても オーライ!」と対になっていますね。新人のりえに無理を背負わせないような心遣いを見せると同時に、ベテランのふうりさんには「想像超える」ほどのステージに期待しているということですかね。熱過ぎます、超かっこいい………

 

「めげずに ホップ・ステップ・ジャンプ!
 きつい 青春も ピンチなら チャンス&トライ」
「何度もネバー・ギブ・アップ!
 タフな精神で 忘れずに クーリングダウン」
一番と二番のサビ前のパートまとめての話です。
これまでの記述の通り、前サビと一番がななせとりえ、二番がふうりさんに向けてのメッセージであると考えているので、この箇所はそれぞれりえとふうりさんに向けての言葉であると思いました。それぞれに対する言葉のかけ方の違いが何となくですが伝わってきませんか?


「ふっと ほどけた 飛行機雲」
アカウント名をこれにしちゃうくらいビシビシ来た歌詞。
飛行機→もなさん
飛行機雲→もなさんのこれまでの軌跡
の比喩であると捉えました。
もなさんは「アイカツを通して色んな人に自分を知ってもらえた」と言っていました(多分)(ツイートでしたっけ…覚えている方いたら教えて…)
そんなアイカツ!を通して大きく飛び立ったもなさんがアイカツ!から離れた瞬間こそ飛行機雲が「ふっとほどけた」ときです。しかし飛行機雲が一瞬途切れたとしても飛行機は飛び続けています。アイカツ!と再び交わることはなくても、もっと遠くまで飛んでいける。そんな"巴山萌菜さん"の心境を見事に表現していると感じました。

 

 

きらめきメッセンジャー、もう聞くだけで感情がグチャグチャですよ。ふとした瞬間にシャッフル再生で流れてきたらスマホ地面に叩きつけちゃいますねこれ🍮。

MF2017二日目前に色んな方とお話をしましたが十中八九「きらめきメッセンジャー……」「センチメンタルベリー……」「も、もなさん………」とゾンビのような顔をしながら呻いていました。まあ私も例に漏れないのですが。

しかし、ライブという大勢のファンのいる場でしっかり引き継ぎをしてくれたことで、もなさんの引退をようやく綺麗な気持ちで受け入れられました。その澄み切った心はまるで、真っ直ぐな雲を引く飛行機が翔ける青空のようです。

アイカツ!そしてアイカツスターズ!はまだまだ先の見えない「地平の彼方」へ飛び続けてくれるだろうと胸が踊りました。特にアイカツスターズ!はもうすぐ二年目で新シリーズに突入します。星のツバサシリーズ、どんな煌びやかな世界を見せてくれるのか楽しみでたまりません。これからもアイカツを応援し続けていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回もAIKATSU☆STARS!のあれであれなのであれです。