君は光るダイヤモンド

霧矢あおいをよろしくお願いします。

「マンタインサーフの基本」と「お手軽50BP獲得ガイド」

こんにちは、鶴です。ショコラショー・タイム。

f:id:wire_snow478:20171128230641j:plain
マンタインサーフが面白すぎて殿堂入りした時点で2,500BP貯まってました。当たり前のように一回50BP貰えるので時間(と旅すること)を忘れてハマり込んでたら知らぬ間にこんなことになってましたね。

ですがTwitterで「50BPが貰える14万5千点まで得点伸びない・・・」「そもそもマンタインサーフの勝手が分かんない・・・」という声を沢山目にしたもので、50BPは思ってた以上にハードルが高いと思われているんだなぁということを知りました。

そこで今回はマンタインサーフで50BPを獲得するための指南を目的に筆を執りました。なお今回の目的は50BPを稼ぐことなので、例えばスピンコンボ減点補正などの話は「50BP稼ぎたいだけなら気にしない方が楽」であると判断して省きました。

高いスコアを目指すスコアアタックに関しては別記事にまとめるかなー?といった感じですのでそちらが気になる方はマンタインサーフスコアラーの方々の記事をご覧になるか、私がスコアタについての記事を書くまで少々お待ちいただければと思います。
(追記2017-12-26 さらに踏み込んだマンタインサーフ記事を書きました。このブログにあるので飛んでみてください)

あと一応私のスコアも貼っておきますね(209,917)
f:id:wire_snow478:20171130120931j:plain



Ⅰ.なぜマンタインサーフでBPを稼ぐのか
ポケモンUSMの新要素の一つ「マンタインサーフ」。マンタインに乗ってサーフィンをする実に南国アローラらしい競技です。
なぜこのマンタインサーフがBP稼ぎにおいて注目されているのか、それは時間効率が素晴らしいの一言に尽きます。5~6分で50BPと聞けば現役ポケモントレーナーの方々であれば納得いただけるでしょうか。参考までにバトルツリーでは1試合につき最高7BP、また50BPはバトルレジェンドに勝利してようやく一度貰えるといった程度です。

そして何よりミニゲームを楽しみつつBPを集めることができるのも忘れてはならない要素でしょう。スコアを考慮し始めると、目まぐるしく訪れる様々な情報を処理しながらプレイすることになるので、あっという間に時間が過ぎ去ります。最高ですね。最高なんですよ。


Ⅱ.マンタインサーフの基礎と注意点
基本的な情報をおさらいしましょう。
(※基礎に関しては問題ないという方はⅢまで飛んでも構いません。ただし安定して50BPを取れないのであれば基礎から覚えるべきだと思うので、それは各自の判断にお任せします)

基本動作
移動
アナログパッドを左右に動かすことでその方向に移動を行います。
加速
波の高い位置から低い位置に移動することで加速を行います。そして加速した距離ごとにマンタインは速く移動するようになります。加速したマンタインの出すオーラの色はスピードの上昇に合わせて「白加速→オレンジ加速→赤加速」と変化します。
ジャンプ
波の頂点に達してなお→を入力していると空中にジャンプします。このときマンタインのスピードが速ければ速いほど高くジャンプすることができ、ジャンプが高いほど空中に留まる時間が長くなるので、絶対に赤加速でジャンプしましょう。時間をケチってオレンジ加速でジャンプすることは厳禁です。
スピン
ジャンプして空中にいるときに上下左右にアナログパッドを入力するとその方向にスピンします。スピンにかかる時間が方向ごとに異なり、時間が長い順に上>下>左右です。ジャンプをするとマンタインの周囲に白い丸が出現し、それが小さくなってマンタインに重なると花火が弾けます。この花火が出るか出ないかの瞬間にスピンを入力するとスピンの得点が高くなるので、むやみに方向入力するのではなくテンポよく入力しましょう。またこのスピンを複数組み合わせることで技が発動するのですがそちらについては後述。

着水
ジャンプで空中に飛び出してから一定時間で再び水面に着水します。この瞬間にスピンをしていると着水に失敗して海の中にドボンしてしまい、一から加速を進めなくてはならないので大きなタイムロスになります。なので無理にスピンをするよりも安定した着水を狙った方が確実に良い結果に繋がります。また着水を綺麗に決めると着水ボーナスとして得点が貰えるので、なおのこと着水は大切です。

波の高さ
主に高波と低波のふたつに分けられます。スピンの選択に関わる大切な要素なのでジャンプする瞬間によく確認しておきましょう。

障害物
野生ポケモンたちがマンタインの行く手を阻みます。当たると加速の段階が落ちるのでしっかり避ける必要があります。
メノクラゲ
最も多いポケモン。数匹で固まって出現することが多いです。動かないので素直に避けましょう。
岩(サニーゴナマコブシ)
水面に突き出た岩です。上に乗ってるポケモンがかわいい。波とは逆の画面左側にあるのであまり気になりませんが、メノクラゲたちに近い場所に出現すると邪魔なときはあります。もちろん避けましょう。
サメハダー
マンタインを狙って体当たりをしてくる厄介なポケモン。左右に移動することで避けられるので加速動作をしながら避けましょう。着地点付近にサメハダーがいるととんでもない変則軌道で飛んでくるのですが、それは当たったら事故だと思って諦めましょう。
ホエルコ
水面に見える丸い影がこのポケモン。特に夜は気を抜いてるとうっかり衝突してしまうので注意が必要です。メノクラゲと同じように動かないので避けること自体は苦労しません。
ホエルオー
絶対強者。波に特段大きな影が見えたらこのポケモンです。他のポケモンは当たると加速が落ちるのに対して、ホエルオーは当たってしまうと海の中にドボンして加速しなおしになります。もし見えたらどんなに遠回りしてでも避けるように努めましょう。

スピンコンボ(技)
空中にいるときに特定の順序でスピンすることで技を出すことができます。そして空中では基本的に二回まで技を出すことができます。
スクリューハンテール(→→→)
低得点なので使いません。右スピンはかかる時間が短いので、他の技だと安定した着水をするには間に合わないという場合のみ最終手段として使います。
スクリューサクラビス(←←←)
スクリューハンテールの左版。説明はスクリューハンテールと同じです。
ランターン360(↑↓↑)
高波のときに飛ぶと高得点が狙える技。メインのジャンプの一つです。
アシレーヌフリップ(↓↓↓)
低波のときに飛ぶと高得点が狙える技。こちらもメインのジャンプの一つです。
スターミートルネード(→←→↑)
どのタイミングでも高得点が狙える技。最も多く使用する主戦力です。
コイキングスペシャ(その他の入力)
4回のスピンでどの技にも該当しない場合に発生する隠し技その一。どのタイミングでもかなりの高得点が狙えます。ただし一回のサーフにつき一回しか成功せず、二回目以降のコイキングスペシャルは得点といえない得点になります。
オーバーザギャラドス(一回転入力)
→↓←↑のように一回転の入力をすることで発生する隠し技その二。前のジャンプ中での得点を二倍にしてこの技の得点にする大技です。なので高い得点を得たジャンプの直後にオーバーザギャラドスを決めましょう。オーバーザギャラドスも二回目以降は大した得点は発生しません。「コイキングギャラドスは1サーフにつき1回」よく覚えておきましょう。

コース
ノーマル:メレメレ島発。所要時間約3分、最高12BP。
スーパー:アーカラ島発。所要時間約4分、最高38BP。
ハイパー:ウラウラ島発。所要時間約5分、最高50BP。
マスター:ポニ島発。所要時間約5分、最高50BP。
BP回収はハイパーコースをオススメします。マスターコースは野性ポケモンの数がえげつないです。


Ⅲ.マンタインサーフで50BPを獲得する方法
ようやく本題ですね。最も意識したいのは
高波のときに①ランターン360②スターミートルネード
低波のとき①アシレーヌフリップ②スターミートルネード
の組み合わせで飛ぶことを徹底する

ことです。順を追って説明しましょう

①最初の加速
波の高さをいっぱいに使って加速するとスムーズに赤加速に持っていけます。これが最適解かどうかは断定できないのですが、この方法を使っている方は多いようです。

波の上から
f:id:wire_snow478:20171128230700j:plain
波の下の平面ギリギリまで
f:id:wire_snow478:20171128230704j:plain
この距離をしっかりと使えば三往復で赤加速ジャンプを始められます。

②スピン
先ほど記述したように、一度のジャンプ中に二回の技を決めることができます。この二回を高波のときには①ランターン360②スターミートルネード、低波のときは①アシレーヌフリップ②スターミートルネードの組み合わせで飛ぶことを徹底しましょう。安定した得点の取れるこの二つの組み合わせを使い続ければ50BP獲得ラインの14万5千点は達成できます。
また注意していただきたいのは、ただスピンを適当に入力しているだけではスコアは出ないことです。先ほどの記述をもう一度引っ張ってきますね。
「ジャンプをするとマンタインの周囲に白い丸が出現し、それが小さくなってマンタインに重なると花火が弾けます。この花火が出るか出ないかの瞬間にスピンを入力するとスピンの得点が高くなります。」
このタイミングはスピンの得点だけでなく技の得点にまで関わってくるので、タイミングが分かるまで練習する価値があるほどです。
各スピンの最高得点は以下の通り。
上スピン:250点
下スピン:200点
左右スピン:150点
スピンの得点がこの得点に近いほどタイミングが合っているということなので、画面右下に表示される得点で確認してみてください。
f:id:wire_snow478:20171128232837j:plain

参考として、スピンのタイミングがどれだけ重要かが分かるように比較スコアを準備してみました。いずれも高波のときに①ランターン360②スターミートルネード、低波のとき①アシレーヌフリップ②スターミートルネードだけでプレイしました。
上:全スピンでタイミングを狙ったとき(182,626)
下:全スピンでタイミングをずらしたとき(122,351)
f:id:wire_snow478:20171130123723j:plain
f:id:wire_snow478:20171128234629j:plain
これだけ大きな差が生まれて来ます。こればかりは多少なりとも勘を掴むか、花火による目押しをするしかないので、頑張っていただきたいところです。

③その他の注意点
基本的なことを抑えられれば問題ありません。
・障害物に当たらない
・特にホエルオーだけは絶対に避ける
・赤加速でジャンプする
・着水をミスしない
・仮に失敗してもなんだかんだで14万5千には乗せられるし、そうでなくとも十分なBPは貰えるので、最後まで諦めない
このあたりでしょうか。あとは楽しむ心さえ持ち合わせればパーフェクトですね。
ついでに細かいことなのですが夕方にプレイすると赤加速のオーラが見にくくて厄介です。朝か昼にプレイするのを推奨します。
f:id:wire_snow478:20171129010559j:plain


Ⅳ.おわりに
いかがだったでしょうか。やはり多少の技術取得は必要になるのですが、ちょっと練習すれば習得できる範囲だと思います。「エッ、練習しなきゃいけないの・・・」と感じる方もいるかとは思いますが今後の安定したBP供給のための投資だと思って頑張ってください。
そして今回触れなかったスコア伸ばしについてはまた近いうちに記事としてあげられればいいかなーとぼんやり考えてます。スコア伸ばしの技術はBPを稼ぎたいだけの方でも失敗によるロスを取り返すための技術として知っていて損はありません。気になるという方はマンタインサーフスコアラーの方が投稿されたこちらの記事に様々な情報が載っているので、目を通してみてはいかがでしょうか(リンク許可ありがとうございます!)
soltawashi.hatenablog.com
taninaka544.blog.fc2.com

多くのポケモンプレイヤーを沼に引きずり込んだマンタインサーフ(海だけど)。今までのポケモンミニゲームの中でも屈指の完成度だと信じて疑っていないので、BP稼ぎの作業とは思わずにマンタインサーフをしている時間をエンジョイしてみませんか?私しれっと定期的にマンタインサーフでTwitterサーチかけて皆さんのツイートを眺めているので少しでも楽しんでいる様子を見ることが出来たら嬉しいです。
それではこのブログの『マンタインサーフ~スコアアタック編~』でまたお会いしましょう。それでは。





















































































f:id:wire_snow478:20171129001900j:plain
f:id:wire_snow478:20171129001919j:plain
アイカツ!71話『キラめきはアクエリアス』が大好きです。あおいちゃん好き、、、